Point

見どころ

「魔法の美術館リターンズ」は、見どころいっぱい!新作もたくさん!
楽しい作品をご紹介します。

会場見取り図

見どころ

【1】 黒い魚たち
/ 2017年

黒い魚たち

©naoaki FUJIMOTO

作品の上を歩いてみよう。
ゆらめく水面の上を歩くと、黒い魚たちが寄ってきます。魚たちは何を思って泳いでいるのでしょうか。私たちは、なぜ、透明な水を見ることができるのでしょうか。

Artist:藤本直明 naoaki FUJIMOTO

【2】  つくもがみ
/2015年

つくもがみ

@teruaki TSUBOKURA

作品の前で体を動かすと、「つくもがみ」の姿を見ることができるよ。
日本では様々な物に魂が宿ると考えられており、「つくもがみ(付喪神)」として古来伝えられてきた。人間が発展と共に創り出し、大量に廃棄してきた物達にも全て「つくもがみ」が宿っている。

Artist:坪倉輝明 teruaki TSUBOKURA

動画を見る

【3】 in the rain(イン ザ レイン)
/ 2017年

in the rain

©yuki ANAI/hideaki TAKAHASHI

雨の持つ様々な表情を感じてみよう。
時々、雨を眺めていると、過去の同じような雨の景色を思い出すことがあります。その時の周りの景色や、自分の当時の気持ちなどが鮮明に蘇えり、まるで過去の自分を見ているかのような感覚がありました。雨は人々の記憶と深く結びついているメディアであることに気づきました。本作品では、雨の降り注ぐ世界を作り出し、人々の過去への扉を開きます。

Artist:穴井佑樹/高橋英明 yuki ANAI/hideaki TAKAHASHI

【4】 shichihenge(シチヘンゲ)
/ 2016年

shichihenge

@you TANAKA

壁の前に立ってみよう。自分の姿が変わっていくよ。
ヒトの身体や想いは千差万別。刻一刻と変化するあなた自身を楽しんでください。「shichihenge」では作品の前に立つとあなたが様々な種類に変化します。

Artist:田中陽 you TANAKA

【5】  .hito(ドットヒト)
/ 2013年

.hito

@you TANAKA

いすに座ってみよう。自分の動きに合わせて顔が変化するよ。
ヒトはどこまで簡略化できるか。
ヒトはどこまで認識できるか。
ヒトはどのような保存形式になりえるか。
ヒトはどのような拡散経路を辿るか。
ヒトはどのような進化を遂げて次の形態へと変化するか。

Artist:田中陽 you TANAKA

動画を見る

【6】 portrait(ポートレイト)
/ 2017年

portrait

©masanori MIYAMOTO/you TANAKA

額縁の前の椅子に腰かけてみよう。
「portrait」はあなたの特徴を映し出す作品です。額縁の前に置かれている椅子に腰かけると、アーティスティックなタッチで描かれたあなたの肖像画が額縁の中に現れます。しかし、その肖像画の様子は少し変。あなたの姿をした、あなたとは違う誰かが乗り移っているかのような奇妙な体験を楽しんでみてください。

Artist:宮本昌典/田中陽 masanori MIYAMOTO/you TANAKA

動画を見る

【7】 衝突と散乱
/ 2016年

衝突と散乱

©naoaki FUJIMOTO

作品の上を歩いてみよう。
床に散らばった無数の破片は、色や形ごとに異なる種類に分類されます。そして、それぞれが種類ごとにある一点に引き寄せられるようです。また、人が歩くと遠ざかろうとするように見えます。

Artist:藤本直明 naoaki FUJIMOTO

動画を見る

【8】 ensemble silhouette(アンサンブルシルエット)
/ 2016年

ensemble silhouette

©masanori MIYAMOTO/tadashi KOIWAHARA

星のシルエットをテーブルの上においてみよう・メロディがながれるよ。
知らない人と音を通じて繋がっていく。思いがけないメロディが生まれる新しい合奏を体験してみてください。本作品は新しい合奏をテーマにした音楽装置です。流れる五線譜に星のシルエットを置くと様々なメロディが流れます。いろんな場所に星を置いて、みんなで不思議なアンサンブル(合奏)を奏でてみましょう。

Artist:宮本昌典/小岩原直志 masanori MIYAMOTO/tadashi KOIWAHARA

動画を見る

【9】 timewall(タイムウォール)
/ 2018年

timewall

©you TANAKA

壁の前を通ってみましょう。
この壁は色々な時間が共存する壁。時間が模様となって、数秒前の自分が見え隠れ。

Artist:田中陽 you TANAKA

【10】 SplashDisplay(スプラッシュディスプレイ)
/ 2012年

SplashDisplay

©yasushi MATOBA/shingo YAMANO/taro TOKUI

玉で的を狙ってあててみよう。
SplashDisplayは爆発するディスプレイです。網の目のテーブル上に敷き詰めた、白く小さなビーズが色鮮やかに光り出します。その中に動き回る的が現れ、鑑賞者はそれを狙って玉を投げ、玉が的中すると爆発が生じます。ディスプレイが爆発する不思議な感覚を体験してください。

Artist:的場やすし/山野真吾/徳井太郎 yasushi MATOBA/shingo YAMANO/taro TOKUI

【11】 Cosmic Square(コズミック スクエア)
/ 2017年

Cosmic Square

©teruaki TSUBOKURA

異なる重力の中を歩きまわろう。
「宇宙・重力」をテーマにした作品です。床には地上、水中、月面、宇宙などシーンが映し出され、その変化に合わせて重力も変わります。その上を歩くと、足跡がついて色とりどりのオブジェが転がるなど、異なる次元とともに重力の違いを楽しむことが出来ます。

Artist:坪倉輝明 teruaki TSUBOKURA

【12】 Traces(トレーシス)
/ 2017年

Traces

©kenichi OKADA

作品の前で動くと自分の残像が後ろに残るよ。
トレーシスは体験者の通った後に、その人々の「跡」を残します。体験者が空間を動き回ることで、その跡が蛇のように長く連なって見えたり、空間全体が人の影でできた絵画のように変化したりします。普段は意識することがない「跡」を映像に残すことで、これまで見えてこなかった空間の変化が見えてくる作品です。

Artist:岡田憲一 kenichi OKADA

動画を見る

【13】 空想ジオラマ
/ 2017年

空想ジオラマ

©teruaki TSUBOKURA

くるまを手にとって、自由に走らせてみよう。
車のオブジェを手に取りテーブルを走らせると、その後ろには道が現れ、しだいに風景が出来上がっていきます。空中を走らせると飛行機やヘリコプターに変わり、連結した車は電車へと変化します。「くるまあそび」の中で、子供の想像力によって創られる空想の世界はどんな世界なのか。そんな空想の世界を可視化した作品です。

Artist:坪倉輝明 teruaki TSUBOKURA

動画を見る

【14】 不可視美術館
/ 2017年

不可視美術館

©teruaki TSUBOKURA

懐中電灯で展示台や額縁を照らしてみよう。
美術鑑賞の常識を覆す「展示物の無い」展示。作品の置かれていない展示台や絵の無い額縁が並べられた空間。見えない作品が展示されている空間で、懐中電灯を使って作品を探しながら鑑賞する新しいアート作品。存在しない物の存在感が与えられたとき、脳はどのように解釈するのか。現実と仮想現実(VR)の境界を模索する作品。

Artist:坪倉輝明 teruaki TSUBOKURA

【15】 あ
/ 2012-2018年

あ

©team Panai

『あ』を叩いたり、撫でたりしてみよう。
「文字」は使われる状況や組み合わせにより、多種多様な意味を持つ「言葉」となります。中でも「あ」は、喜怒哀楽を含む多くの感情を一文字で表現することができます。本作品は、体験者が与える“叩く”、“撫でる”、”揉む”などのアクションに対し、それらに応じた感情を「あ」のみで表現する立体物です。その立体物とのコミュニケーションを通して、「あ」の持つ価値を感じていただければ幸いです。

Artist:team Panai(穴井佑樹、川口玄、張衍義、手塚健太郎、長谷川洵希、渡島健太) team Panai(yuki ANAI,gen KAWAGUCHI,yeoni CHANG,kentaro TETSUKA,shunki HASEGAWA,kenta WATASHIMA)

【16】 なげる、あてる、ひろがる
/ 2014年

なげる、あてる、ひろがる

©Switch

ボールを壁に向かって投げてみよう。
ボールを投げることでインタラクションを起こす作品です。遊び方はボールを壁に投げるという事だけ。ボールの当たった場所に音と映像がマッピングされひろがります。体験者はボールを投げるという単純な行為で起こる音と映像による事象から、投げ方や投げる場所を変えてみたりと遊び方を工夫しはじめます。ゲームのように目的があるわけではないのに不思議とボールを投げたくなります。

Artist:スイッチ Switch 協力:名古屋造形大学メディアデザインコース